もしかして自分は早漏?

私の周りの男性にも結構いるのですが早漏で悩んでいる男性は
結構いると思います。満足なセックスができなければパートナーに
愛想を尽かされてしまう場合もあるので
なるべくなら早漏は改善したい問題ですよね。
でも世間一般でいわれている早漏ですが、
一体どれぐらいで射精したら早漏になってしまうのでしょうか。
もしかしたら自分では早漏じゃないと思っていても
案外調べてみたら早漏だった…なんて可能性もありますよね。
私が考える早漏の定義は女性が満足する前に射精する男性は
全て早漏じゃないか?と思っています。
時間の問題だけでなく、いくら長く挿入できたとしても
女性が気持ち良くならなければ意味がありませんよね。
ただ男性だけが気持ち良くなるセックスなんて論外です。
例えば挿入して女性が1分で絶頂を迎えるのならば
そのまま射精しても問題はないでしょう。
しかし女性の体調は日々変わっていくもので
その日の体調で早く絶頂したり、中々絶頂に達しなかったりするので
あまり正確な目安とは言えません。
医学的に早漏の定義は膣内挿入後30秒から120秒で
射精する男性を早漏としています。
また、セックスの際のピストン運動で10回以内に射精してしまう場合も
早漏として定義されています。
主に早漏の原因として考えられるのは二つの要因ではないでしょうか。
気持ち良すぎて射精、興奮しすぎて射精の二つだと思います。
この二つの要因について改善策があるのでご紹介していきます。

自分で早漏対策はできる

まず気持ち良すぎて射精してしまい早漏になってしまう場合は
亀頭部分が刺激に弱い事が原因だと考えられます。
挿入した時の快感が強すぎてすぐに射精してしまうタイプです。
原因としてはセックスの経験不足と包茎であることが考えられます。
このタイプは体質的な問題があるため、
包茎の方は専門医に相談して手術を受ける。
快楽の刺激に慣れる為に日々のオナニーで寸止めを繰り返して
刺激に強くなるか、いつもより厚めのゴムを用意して
刺激を弱くするかの方法があります。
次に興奮しすぎて早漏になってしまうタイプの方は
案外自分の考え方次第で早漏は治ってしまう場合があります。
例えば女性とセックスする事を特別な事だと考えていて
必要以上に興奮してしまう事はないでしょうか?
セックスは確かに特別な行為ですが
必要以上に興奮しないようにするために
セックスに慣れなければいけません。
セックスの前に興奮しない様に別の事を意識したりして
自分で興奮を最小限に抑えるようにしてみて下さい。
そんな方法聞かないよ…なんて思ってしまうかもしれませんが
自分で自分に言い聞かすことで簡単に早漏が治るケースも
沢山あるのです。モノは試しに一度自分に言い聞かせてみると
意外な効果を発揮すると思うのでぜひ試してみる事をお勧めします。